CORE TRAINING

ウェイト、スピード・トレーニングの補助的な役割を担う種目です。

目的に応じて、その結果を効率よく手にするためには、ウエイト、スピード・トレーニングの補助的な役割を担う、「体幹」を鍛えることがその底上げになります。
「体幹」を意識して動かす能力、持久力、安定性を向上させるトレーニング方法です。

CFT(Core Functional Training)

CFT(Core Functional Training)は、バランスボールを用いた捻りの動きで、体幹の機能性を高めます。

CET(Core Endurance Training)

CET(Core Endurance Training)は、自体重により体幹部分の使える体積を増やしながら、遅筋繊維を刺激させ持久性を高めます。

TRX

TRX は、常にカラダを不安定な状態にするSuspension を用い、体幹のバランスを保持する動きで、体幹の強化・持久性を高めます。

Spinner

Spinnerを使用するトレーニングでは、徐々に無酸素状態に近く成るため、カラダのコントロールが困難になります。その状況下でトレーニングを継続することで、体幹部の安定を強化し、体幹の持久性を高めることが可能になります。

CAT(Core Acceleration Training)

CAT(Core Acceleration Training )は、Power Plateという3次元の振動を得る事ができるマシンを使用し、筋肉に対して様々な方向から力を加えることができ、結果として通常のトレーニングよりも2~6倍の重力を受けるため、加速度的に筋肉の成長を得る事ができます。