人生を一歩先へ進めるためのメディア

FEATURE

都心からたった1.5時間の場所でエネルギーが蘇り新たな自分に出会う1DAYリトリート【体験レポート】

移動時間はわずか約1.5時間。
海を臨み、柑橘や山海を含めた地のものが豊富な場所、小田原に位置する江之浦。

最近では 日本を代表する現代美術家 杉本博司の作品を集めた壮大なギャラリー「江ノ浦測候所」がある場所としても有名となっています。

今回の目指す場所はこのギャラリーの隣にある「江の浦リトリート 凛門」。

この地にオープンして1年。すでに憧れのホテルとして名高いスモールラグジュアリーホテルで、新たな自分に出会う1日が始まります。

デトックスをし、大切なものを受け取るベースを作った後、必要なものをインプットし、新たな明日を自ら作り出す。導くのはアクティブウェルネスの提唱者、池澤 智さん。

最高峰の「リトリート」体験をしてきました。

Detox 1
ボディ・リチューニング®でカラダのすみずみまで血液を循環させる

まずは「凛門」の近くにある寺で、清々しい空気と風を感じながらトータル・ワークアウト代表、池澤 智さん指導のもと、「4拍吸って4拍吐く」の鼻呼吸を止めずに、ヨガのポーズをとります。

私たちは常日頃、意識を向けることなく呼吸をしていますが、この「呼吸」こそが人間を司る大切な動き。呼吸を変えるだけでもカラダが変わるというのも納得です。

鼻呼吸と深い呼吸によってカラダが温まり、代謝の良い状態を作り出した後、さらに体幹を使ったヨガのポーズによりお尻・股関節を動かしながらカラダを伸ばし、体幹・筋肉を意識しトレーニング。

また、ピラティスでは骨盤底筋を鍛える動き、膣を意識しながら呼吸をすることで、普段意識しづらいカラダの内側の筋肉の使い方に意識を向けることが、ボディ・リチューニング®の醍醐味であることを実感。

Detox2
凛門に戻り「ルフロ TOJI」と薬石により血行促進と代謝・免疫力アップ

凛門に戻り、館内の「ルフロTOJI」にてミネラル浴を存分に味わいます。

ルフロ TOJIとは天然温泉からミネラル成分を出する特許技術を使い、30種類を超える良質な天然ミネラルが豊富に含まれたミストを生成。

このミストに全身が包まれることで、代謝力が上がり、自らの免疫力を引き出すというもの。

さらに、室内には「薬石」と呼ばれる厳選された12種類の国産天然鉱石が敷き詰められ、石から放たれる遠赤外線やラジウムの力で身体を芯から温め、血行促進と大量の発汗により、体内の老廃物のデトックスを促します。

室温は決して高すぎることはなく、息苦しさがないのも特徴かもしれません。10分から20分を1セッションとし、何度か入るのがおすすめ。ミネラルのミストを浴びる様はまるで雨に包み込まれていく感覚。

ここでも呼吸を意識し自らと対峙する大切な時間を過ごせるのです。

湯治の後に体温を測ると1度程度上がっていることもあるそうで、まさに免疫力が向上するのです。

Input1
運動と湯治でカラダを目覚めさせ排出した後、体内に良質なものを取り入れる食事を。

松本料理長の知識と挑戦力の詰まった料理の数々。

「人間にとって最も大切なのは『食』であると言っても良いほど。良質なものだけを体内に取り入れてもらいたい」池澤 智さんの言葉から始まる食の時間。その土地で育った生命力あふれる香りや味がココロとカラダを癒してくれます。

料理長は食材を余すことなく調理し、常に新たな食材や調味料との出会いや掛け合いに挑戦し続けています。この日は朝鮮人参や松の実を使った解表湯から始まり、山海の幸を使った約20品もの小さな器が並ぶ「佳肴」、そして小田原無農薬玄米はるみと粕汁が出されます。

人は満腹であるかどうかではなく、美味しいと感じるとセロトニン(幸せホルモン)を活発化させるとのこと。まさに五感すべてで美味しさを感じ、さらなる幸福感を得られる体験です。

五感:視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚
このうち視覚で83%捉えられるため、買ってきたお惣菜をそのまま出すのではなく、美しく器に盛り付けることで美味しさは倍増することなど、知識を得ながらの食事は明日からの自分の意識が変化する手助けになる予感がします。

土鍋で炊かれた香り立つ小田原無農薬玄米はるみ

Input2
学びのひと時が心身に心地よい栄養を与えてくれます

丁寧に作られた食の数々を堪能しながら池澤 智さんによる多くの興味深い学びをレクチャーされ、心と脳が満たされていきます。

この日のテーマは「カラダとココロを整える食」。

  • 多くの栄養素がバランスよく含まれている
  • 飽和脂肪酸が少ない
  • 必要以上の添加物を使用していない
  • 持病を悪化させる栄養素は摂取しない

といった食事の必要性について学びます。
それら学びの中から特に印象に残ったトピックスを挙げると…。

アレルギーとは?
アレルギーになりやすい食材は特定原材料7品目あります。

カラダに良いからと食べ続けるとアレルギーになる可能性もあるほか、美味しいと思えない日は自分の内なる声に従い食べないほうが良い、敏感肌やアトピー性皮膚炎などはアレルギーが要因なことも多い。

食品添加物とは?
保存料、甘味料、着色料、香料など、食品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用されます。

一般的に添加物が多用されていることが多いと言われている日本に住む私たちは、健やかなる腸のために、もっと添加物について知識を得ておくことがとても大切です。

以下、3つのカテゴリーに分け、自分で選ぶ目を持っていたいもの。

  • 発がん性やその疑いが強い添加物
  • 発がん性などの毒性は見られないが安全とは言えない添加物
  • 毒性がほとんど見られない添加物

お土産にはLeFuroを自宅で楽しめる入浴液を。

デトックスとインプットにより生まれ変わったような体験、
自分に必要なウェルネスの知識や体験を積極的に得ることの必要性をしっかりと心に刻む「リトリート」。
忙しい毎日に小休止をすることで、明日からのエネルギーをチャージできるのでより大きな一歩を踏み出すことができるはず。

ココロとカラダが喜ぶ1日でした。

松本料理長 プロフィール
料理人となり20年。外資系ホテル、料亭、寿司、すっぽん、ふぐの店などで研鑽を積み、マクロビ、精進料理なども学ぶ。和漢薬膳師、アーユルヴェーダの資格を取得。季節の食材に丁寧に向き合い、手間隙を惜しまず絶妙な調理にて目にも愉しく体に、地球に優しい料理を提供。食すことの本来の意味を料理を通じて気づいてもらいたいと強く願っている。

江之浦リトリート 凛門

〒250-0025 神奈川県小田原市江之浦218-1
TEL. 0465-27-3711
受付時間 10:00-18:00 火曜定休


文/
金沢由紀子 エディター・ライター
(株)elena代表取締役。数々の女性誌でファッション、美容、インタビューなどを担当し、人生100年時代のウェルビーイングを追求するelenaを起業。記事制作、PR、モノ・コトにまつわる企画・立案などを担当する。

メールマガジン登録ページへ
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
Team elena

Team elena

人生100年時代のウェルビーイングを追求

ウェルビーイングにまつわるウェルネス、美容、ファッション、旅、ライフスタイル…。さまざまな情報を広くキャッチし、深堀りもする好奇心旺盛なライター・エデイター集団。長年にわたる専門家インタビューなどで知見を深めた正しい情報を提供します。

  1. 朝の筋トレにはどんな効果がある?筋肥大やダイエットにメリット大!朝のトレーニングメニューと注意点

  2. 内転筋が緩んでいませんか!?美しい下半身を手に入れるための効果的な内転筋の鍛え方

  3. 足痩せしたい方必見!世界レベルの美をつくるミスコンのトレーナーが解説する基本エクササイズから最先端トレーニング

RECOMMEND

RANKING

WEEKLY
MONTHLY
YEARLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

関連記事

PAGE TOP